_MG_7910.JPG
​©Takumi Jun

Yuko Takimoto

瀧本裕子

和歌山市出身​。

桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業後、ドイツへ留学し、2016年9月ドイツ・ニュルンベルク音楽大学大学院修士課程を修了。

第15回和歌山音楽コンクール第1位。第14回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。第62回全日本学生音楽コンクール高校の部大阪大会入選。

桐朋学園大学にてミハエル・ヴォスクレセンスキー、ブルーノ・リグット、 チョンモ・カン、パスカル・ドゥヴァイヨン、練木繁夫、各氏の特別レッスン等に参加し研鑽を積む。

第12回大阪国際音楽コンクール大学生部門第1位、同時にフォイリッヒ・ピアノギャラリー賞、ロードススカラシップを受賞し、ウィーンのカイザーホールにて演奏会を行う。

桐朋学園大学ピアノ科成績優秀者に選抜され、卒業演奏会(浜離宮朝日ホール)に出演。

2014年4月、和歌山市メディアアートホールにて初めてのソロリサイタルを行う。

ニュルンベルク音楽大学大学院にて室内楽をディルク・モメルツ(フォーレ四重奏団)、ベルンハルト・シュミット(マンデリング四重奏団)、マッシミリアーノ・マイノルフィ、ニナ・ヤンセン、各氏に師事。歌曲伴奏をマルセロ・アマラル、ホルガ―・ベルンドゼン、各氏に師事。

ヴォルフガング・マンツ氏の推薦により、ドイツ各地でのコンサートに多数出演。

同大学内で行われたスタインウェイピアノコンクール第1位。

在学中、コンチェルトソリストに選抜され、ウクライナ・ハルキウ芸術大学オーケストラとピアノ協奏曲を共演。​

2016年10月に帰国し、同年11月和歌山市緑風舎音楽ホールにて帰国リサイタルを開催。

第45回和歌山県新人演奏会にて特別奨励賞受賞。

これまでに、乾紀代美、加藤よしこ、宮下直子、伊藤恵、新井博江、ヴォルフガング・マンツ、各氏に師事。

現在は関西を中心にピアノ講師として指導を行うとともに、ソロ、室内楽など幅広く活動中。